なぜ毎回作心三日を繰り返すのか?

パク・グァンオ次長は本当に久しぶりに教育に参加した。新入社員研修と代理教育を受けて以来10年近くできなかったわけだ。会長秘書室遂行秘書業務を遂行したり、海外知事派遣などなど業務日程が重なったためだ。だからほぼ10年ぶりに参加する次長教育に期待が大きかった。

2泊3日のコースの2日目になりました。講義のテーマは「あなたの人生の最高経営者となる」というタイトルで、副題として「セルフリーダーシップ」と表記されていた。かなり有名な外部講師が始まるやいなや、朴チーム長に質問を投げた。

次長、会議の使命とビジョンを知っていますか?

顧客のための人間尊重と価値経営、そして顧客をリードする超一流物流企業です。

周辺の仲間たちが秘書室出身と違うと感心した。インストラクターはビングレを笑い、2番目の質問を投げます。

では、次長の使命とビジョンは何ですか?

はい?ああ…

瞬間、朴次長は何も言えなかった。そもそも自分の使命とビジョンなどがあるはずがないだろうか。講師は朴次長をしばらく見つめるより、全体教育生に一場演説を始めた。

本当に変ですか?会社の使命とビジョン、目標はすべて覚えて通っていますが、いざ会社より重要な自分自身に対する使命とビジョンはありません。今日、私たちは自分にとって最も重要なこの方向をつかむことから始めなければなりません。

朴次長は頭をうなずいた。講師の言葉が一つも間違ったことはなかった。自らについて別に考えずに生きてきた歳月が長すぎた。それで、3回目には自分の人生に対するミッションとビジョンを書いた。

目標を書かなければならない時間にインストラクターは突然ウェンマンダラートを画面に見せてくれた。もともとマンダラートは創造的なアイデアを引き出す際に活用されたツールだが、いつの間にかブートが自己目標を作成する際に活用されるとした。この道具をうまく活用した最も有名な人は、日本の大谷翔平選手だという。

パク次長も自分だけのマンダラットを描いた。最も中央に「幸せなパク・グァンオ次長」と書いた。周辺8つの区画にはそれぞれ「お金、健康、知識、家庭、友人関係、会社業務、未来準備」などを書いた。合計81個のマスを埋める作業は容易ではなかったが、それでも頑張った。心がとても嬉しかった。

はい!今計画したことを達成するために努力する必要があります!

2ヶ月後、パク次長は本棚の後ろに落ちたマンダラットを発見した。机の前に付けたのにある瞬間から見えなかったら、こんなところでほこりを覆っていた。パク次長はマンダラートを折ってゴミ箱に捨てた。その時の目標は一つも覚えていなかった。

1.自己調整と意志力

セルフリーダーシップ教育を受けたり新年を迎えるとき、それ以外にもさまざまな状況で私たちは新しい計画を立てます。禁煙、読書、ダイエット、運動、執筆、英語の勉強など。だが、時間が経つと意志がうんざりする。今回はきっと違うと信じ始めたが、結局時間が過ぎれば計画をかなり少なくした日記だけが残る。

なぜ計画を立てれば失敗するのか?なぜこのように意志力が弱いのだろうか?心理学者ロイ・バウマイスターは本『意志力の再発見』で科学的な根拠を提示する。人々が望むことを成し遂げ、目標を達成させる力の核心は「自己調節力(Self regulation)」であり、この自己調節力の源泉になるのがまさに「意志力(Will p0wer)」である。

意志力の核心は考えることに没頭し、考えたくないことを抑え、肯定的な感情を維持し、目標を妨げる誘惑に抵抗し、現在の仕事にエネルギーを集中し、時間を管理するなど計画した目標を達成するための仕事をすることです。

意志力の源泉はエネルギー、すなわちグルコースです。このブドウ糖はいくつかの場所で個別に機能するのではなく、私の体の全体的な1つの源として機能します。食べ物、リラクゼーションなどを通じて充電して多様な活動に使い果たされるが、精神的活動が活発になるほど消耗の速度が速くなる。だから判断、意思決定、忍耐などをするときに急激に消費される。

エネルギーであるグルコースがすべて使い果たされた状態を自ら枯渇(Ego depletion)という。この状態になれば私たちはあらゆる状況に屈服してしまう。思考を調節できず、不要な感情状態から抜け出せず、誘惑の衝動に耐えられない。だから翌日明らかに後悔する行動をすることになる。

2. 目標間のトレードオフ

私たちは目標を立てすぎます。あれこれ少しずつ盛り込もうとし、結果的に今日することだけ10個を超える。優先順位を決めて3つだけ選んでも失敗するだろう。なぜならすべてがうまくできないTrade-off関係である確率が高いからだ。

もしダイエットを目指した。何が必要ですか?衝動調節だろう。出勤すると、あちこちでコーヒーを飲み、おやつを食べる。一緒に食べようという誘惑が来るたびに食べたい衝動を制御しなければならない。昼食を食べに行っても半分だけ食べて、食べ続けたくても止まらなければならない。

帰り道にはジムに聞こえる。トレーナーの指示に従って運動をしながら汗を抜きながらエネルギーを使い果たす。天ぷら屋の匂いを我慢しながらやっと家に着いた。妻と子供たちが味噌チゲを食卓で美味しく食べている。リビングルームにテレビがついている。不気味な方が押し寄せてくる。

見えないテレビはなぜオンにしたの?電気税誰が出すの!今月の管理費がいくら出てきたと思いますか?なぜこんなに節約できないの?

子供たちは恥ずかしがり屋、妻はその人がなぜ犯されますか?という表情で眺める。訪問を閉めて入って目標を書いた日記を見る。日記にはこう書かれている。

今年の目標1番ダイエット、2番妻、子供たちと和やかな家庭づくり。

3. 意志力管理と目標達成

自己調整力のプロセスと実行方式、それによって発生する問題点が確認された。では、どうすればいいのか?4つを提案します。

まず、意志力は筋肉です。運動を続けると筋肉量が増えて持久力ができるように、意志力も十分な訓練と栄養摂取でその筋肉を育てることができる。グルコースをよく維持するためにゆっくりと吸収される食べ物を摂取し、十分な休息をとって良い体調状態を作らなければならない。「体力は国力だ」という言葉が70年代の輪田扇子のようだが、実際私たちが目標を達成するためには最も重要なスローガンになるだろう。

第二に、計画は柔軟に設定されますが、目標は最小限に抑えましょう。 特にダイエットと禁煙のように相反する目標は避け、一度に一つずつ考えるのが良い。慎重に毎日しなければならないリストを決めるよりは、ゆるくて余裕のある長期目標を立てて今日できなくても明日すれば良いという気持ちで取り組むのが良い。

また、エネルギーを最小限に抑えるために習慣化する必要があります。意志力は限られている。ところが向き合う状況ごとに悩んで決定すれば、それだけ意志力が使い果たされて、本当に必要なときに使えない。したがって、考えずに行動できる状況を作らなければならない。

目覚まし時計が6時に鳴る。今日運動をしなければならない。時計を見ながら悩む。出かけますか?もう少し寝ますか?それでも出なければ…。いや、明日から…

このように悩んでみると、すでにエネルギーが消費される。このような状況では運動を出ても、以後スケジュールが危険だ。だから目覚まし時計が鳴ったら何も考えずに起きて服を着ていかなければならない。重要でないことは判断しない習慣を挙げることである。

オバマは一生を生きながら自分が着る服について悩んだことがないという。なぜ?気にして決める事が多すぎるが、「何を着るか」まで悩むと、それだけエネルギーが使われるからだ。

そもそも誘惑のないところにだけ動くシステムを作るのもいい。禁煙のための制度的装置(禁煙場所の拡大、喫煙時の罰金、タバコ広告禁止)などが多い禁煙者を作り出したのと同じ脈絡だ。

第三に、自己監視が必要です。fMRIが発達した後、脳の研究を通じてインスラという部位を見つけた。脳が敏感に反応すると活性化される部位だ。主に気分悪いことについて聞いたり、靴が物を買うときに活性化される部位だ。自己モニタリングの瞬間にも活性化されます。カードの明細書を受け取ると、運動量が記録されたスマートフォンを見るとき、部屋の中で鏡を見るときなどがあった。

社会心理学者のウィークランドとデュバルは、人々は自我を中立的な形で表現しないと述べた。自分について考えるとき、自分が自分で感じる姿と自分がそうすべきだと思う姿を比較する傾向があるということだ。

自意識は自分を「自分自身になる可能性のある対象」と比較するように煽って自己調節を助ける役割をする。したがって、さまざまなアプリを通じて時間を使った内容、食べ物を食べたもの、お金を使った履歴、運動した距離などを常に確認することは非常に重要な目標実行方法になるだろう。

第四に、単純で着実に訓練してください。上記の3つを行っても人の意志力は落ちることができる。私たちがいつも良い環境だけにはないからだ。すべてが正常な状況では栄養も十分に摂取し、休息も取って、エネルギー使用も最小化し、自己モニタリングもできるだろうが、いつもそうはできない。

だから基本的な条件にならない場合を考え、切除された活動を着実に訓練しなければならない。アフリカの探検家ヘンリー・モートン・スタンレーが伝染病が窓際で仲間たちが死んでいく最悪の状況でも着実にやったことが、毎日毎日起きて遂行する剃刀と書くことだったように。結局彼は当時未知の世界だったアフリカをヨーロッパに知らせることができた。

今パク・グァンオ次長は計画や目標を立てない。代わりに、自分が一日をどのように過ごすかを自己管理アプリケーションに入力します。時間を使った履歴を確認した後、無駄要因を見つけて調整する。あらかじめ計画を立てた後何も達成できないよりは、自己モニタリングを通じて発見した内容を修正する方法が最善の方法であることを悟ったのだ。

「私はなぜこのように意志力が足りないのか?」とし、毎回自責していた癖もなくなった。代わりに意志力を使わなくてもよい方法を愛用する。例えば夜明けに携帯電話アラームが鳴ったら時間を確認した後に起こるかどうか悩む代わりに、無条件に起きて消すしかない位置に置いた。アラームをオフにすると、時間を見ずに机に座ってラップトップをオンにします。すぐにハングルプログラムを開き、書き込みを始める(インターネットを開かないためにWi-Fiもフライトモードに設定しておいた)。こうして積み上げてきた文がすでにかなり集まった。

しばらく前からはブログに文を載せている。彼が書いているシリーズである〈会長のみ知っている秘書室のスマートワーク〉はすでにかなり多くの職場である読者が購読している。彼の目標である「私の名前で書かれた本を出版する」が間もなかった。

タイトルとURLをコピーしました